> 65-75 もじもじくん②
FC2ブログ
 

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もじもじくん②

Category : dmc

今日は、冒険だった。

3年ぶりに違う人に髪を切ってもらうことにした。

どうしても、今日しかなく、会社近くで空いてるトコ調べ、

「予約って、フツウは必要?」
とか、思いながら、何気に「美容室」にTEL

そこは、大きいところだったので、すぐは入れますとのこと、ただ、「うち、美容室ですよ・・・・」

そうか、おれ、男だから「理容」か。そんな基本的なことも忘れてしまうくらい、ココ3年おまかせで、「美容」でカットしてもらってた。

そこは、「理容」と「美容」が並んでて、空いてる時間も一緒。

さて、どうしたものか?
ココで、私にひとつの懸念が。。

「理容」にいって、カリアゲとかにされないよな?

よーやくそういうことに気がつき始め、上手くコミニュケーションを取れるか心配で店の周りをウロチョロ。
そう、昔は座って「短め」って言うと勝手に始める床屋に行ってたので、「理容」でそこまで髪型とか指定できるものなのかすら、不安だった。

「カランカラン」
「いらっしゃいませ」
の一言から始まり、流れるように椅子に座り、担当になりそうな女性は、黙々と首にタオルを巻き、カバーをかけようとした。

フイに私は、「袖」に手を通そうとした。

「あ、袖、ありませんから・・」(そっか「理容」だから、袖、無いんだ)
短いやり取りの中でさらに緊張が高まる。

「苦しくないですか?」
業務的な、質問に私の疑問と不安はドンドン高まっていく。

(まさか、切り始めたりしないよね?)

シュ、シュ、

業務的な彼女は何も言わず、スプレーで髪をぬらし始める。
(おい、何か聞けよ。髪型の本があれば、ちゃんと言えるから・・)

「すいません。髪型の本とかありますか?」

(言えた!俺、人生で初めて知らない人に、髪型説明するんだな)

「頭のトップを残すような感じにして、サイドを落としてください。ただ、バリカンとかじゃなくて。。」

おかげで顔、ちっちゃく見えます。
ひとまず、安心
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

dmcroad

Author:dmcroad
65-75

K.O.G.arage
番外編。やめるといったブログをあっさり再開。

前とは違い、心の闇の一歩手前で防衛ラインを張って、守りに入った男の毎日を覗き見る、スポット

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。